東急札幌店にて開催される「いわての物産展」参加のご案内

東急札幌店にて開催される「いわての物産展」参加のご案内です。
出展は今回で二回目となり全7日間、参加いたします。
開催期間中、大好評のつるしこ南部ひっつみ、新商品の「つるしこ山海ガチつけ冷麺」を加えた、吉調つるしこ充実の商品ラインナップで、お待ちしております。
一般のお客様はもちろん来場無料、試食もご用意しておりますのでぜひ一度お越し下さい。

2013年1月10日~16日
イベント名 :いわての物産展
会  場:東急札幌店
会場住所:北海道札幌市中央区北4条西2丁目



[PR]
by tsurushiko | 2012-12-17 22:59 | イベント

飲食店、業務店様へ展示会「いわて食の商談会」のご案内

飲食店、業務店様へ展示会「いわて食の商談会」のご案内です。
今回は東京と大阪の二カ所での開催となります。
吉調つるしこ充実の商品ラインナップで、お待ちしております。ぜひお越し下さい。

2013年2月5日(火)
いわて食の商談会 in 東京
会場:ホテルグランドパレス「鶴・白樺」
  東京都千代田区飯田橋1-1-1
時間:10:00~16:00



2013年2月7日(木)
いわて食の商談会 in 大阪
会場:ホテル日航大阪 4F「白鳥の間」
大阪府大阪市中央区心斎橋1-3-3
時間:10:00~16:00


[PR]
by tsurushiko | 2012-12-17 22:10 | イベント

「つるしこ山海ガチつけ冷麺」~生麺がうまれる瞬間~

a0136756_9164065.jpg

本日は、吉調つるしこ冷麺の「生麺」がうまれる瞬間をご紹介します。

私たちがこだわる「つるしこ冷麺」の魅力。らしさ。
それは、小麦の「香り」であり、噛むほどに口の中で踊るような「弾力」であり、さらにはそれらを最大限に引き立てる「喉越し」の良さです。

a0136756_2125014.jpg


開発以来、麺の太さ、しなやかさ、食感の心地よさを探求し続け、たどりついたのは2mmの太さ。
麺生地は、溝が並んだ回転切り歯で均一の幅に切られてゆきます。

a0136756_21317.jpg

純白の麺線。
つるりとした喉越しをご想像ください。

a0136756_2131867.jpg

まるでお餅ような、しっとりした肌触りの生地から次々と切り出されて来ます。
しなやかな曲線は、コシの強さの証。
表面になんともいえないツヤをたたえた麺は、もう美味しさを主張しているかのようです。

a0136756_2132787.jpg

1食分、約150本ずつに分けられて出番を待つ麺たち。
この純白の麺は、茹でられることで輝くような透明感が現れ、食欲をそそる小麦のやさしい淡黄色を取り戻します。


すべての作業が、スタッフの愛情のもとで見守られ、確かめられて完成にたどり着きます。
丁寧な仕事により誕生する「本当の美味しさ」を食べていただく。
それが、つるしこの誇りです。


冷麺をほおばる、おいしい顔が浮かぶ。
大切な方へのギフトに、吉調つるしこの冷麺をお選びください。


*「吉調つるしこの冷麺シリーズ」はインターネットからでも通販でお買い求めいただけます。
フーズラボネットショップ:つるしこ山海ガチつけ冷麺 はこちら »
[PR]
by tsurushiko | 2012-12-14 16:08

「つるしこ山海ガチつけ冷麺」~スープと対話する時間~

a0136756_9172741.jpg

モンドセレクションにおいて3年連続金賞を受賞した「龍泉洞の水」をご存知でしょうか。
春夏秋冬を通じて、山深い水源から絶えず流れ出る清らかな水は、地元の人たちの暮らしにも欠かすことの出来ない大切な宝物。
この日本の名水の産地こそが、私たちが工場をかまえる岩手県・岩泉町です。
この水に惚れ込んで、岩泉に工場を創設したといっても過言ではありません。

a0136756_2117945.jpg

吉調つるしこでは、このおいしい水を使って、「つるしこ山海ガチつけ冷麺」のスープを仕込んでいます。

a0136756_21173618.jpg

産地・製法・安全性・色つや・香りと、素材によっては生のままかじって味を確かめながら選び抜いた野菜を、丹念に下ごしらえして、寸胴鍋で水から煮込んでいきます。
1つの鍋に火をつけたら、スープが完成するまで鍋のそばを離れることはありません。


やがてクツクツという音とともに、工場全体に野菜の甘い香りが漂い始めます。
微妙な火加減を大切にしながら、鍋の中の材料と対話する時間が、吉調つるしこ自慢のスープのおいしさの決め手となります。

クツクツ、クツクツ、コトコト、コトコト。

およそ3時間。
野菜のふくよかな旨味が引き出されたスープに、天然調味料で味付け、さらに、昆布、特濃豆乳、本葛粉で仕上げます。
化学調味料・合成保存料・精製糖・着色料は一切使用しません。
じーん…と身体にも心にも栄養がしみ込むような、最高のスープの完成です!

a0136756_21344100.jpg

このとろみに、つるつるしこしこの麺がからんで…と、想像するだけで喉が鳴ります!
「つるしこ山海ガチつけ冷麺」ぜひ、お召し上がりください!

*「「つるしこ山海ガチつけ冷麺」」はインターネットからでも通販でお買い求めいただけます。
フーズラボネットショップ:「つるしこ山海ガチつけ冷麺」 はこちら »
[PR]
by tsurushiko | 2012-12-14 12:21

「つるしこ南部ひっつみ」~いちまい、いちまい手作業で~

a0136756_234029.jpg

寒い季節、毎年みなさまからご好評をいただいている「つるしこ南部ひっつみ」の仕込みが、今年も書き入れ時を迎えました。

ひっつみ生地は、1回に50kgもの地粉に25kgの水を加えるところから始まります。
水はもちろん、岩泉の水。
地粉は、南部小麦、ユキチカラ、ネバリゴシの3種類。毎年の出来具合を見ながら配合を変えています。
地粉の魅力を最大限にいかすためには、舌ざわりと弾力、コシの強さが大切。
ゆっくりゆっくり回るミキサーで、生地がつぶれないよう、じっくり、やさしく、耳たぶの柔らかさになるまで捏ねてゆきます。

次の工程は「つるしこ南部ひっつみ」作りの肝。
1枚1枚、手作業でつまみ、のばし、ちぎる。まさにその名の通り「ひっつみ」ます!
手で作業することで、1枚のひっつみの中に、薄いところ、厚いところ、生地がひねられたり波打ったりと様々な食感が生まれ、ここに具材とつゆがしみ込むことで絶妙な美味しさが生まれるのです。
もちろん手間はかかりますが、機械にはまかせられません!

a0136756_20121967.jpg

大釜で茹であげられるひっつみ。
この釜に沸かすお湯は、なんと300リットル!まわりはいい匂いの湯気でいっぱいです。

a0136756_20125786.jpg

たっぷりのお湯で茹でることで、形が色々のひっつみでも熱が均一に浸透し、ほどよい弾力のつるんとした仕上がりになります。

旬の野菜やきのこを一緒に煮込んで、あつあつの美味しさをご堪能ください。
「つるしこ南部ひっつみ」はスープを吸ってものびてしまわないので、翌日までおいしくお召し上がりいただけます。

*「つるしこ南部ひっつみ」はインターネットからでも通販でお買い求めいただけます。
フーズラボネットショップ:つるしこ南部ひっつみ はこちら »
[PR]

新発売!! 「つるしこ山海ガチつけ冷麺」試食販売会のお知らせ

山海ガチつけ冷麺の豪快な喉越しをぜひ味わってください。

ギフト用、業務用商品も、品揃えいたしております。


日時:平成24年12月9日(日)
会場:賢治の大地館 売り場内
●住  所:岩手県盛岡市大通3丁目4-1 クロステラス1階
●営業時間:AM10:00~PM8:00
●電話番号:019-629-3133


[PR]
by tsurushiko | 2012-12-07 21:38 | イベント