冷麺を作ったつもりが!!!!

究極の盛岡冷麺を作ったつもりでしたが、思いのほかそれ以上に可能性を感じる「未知数の宝物」になりましたので、広くご紹介させて頂きます。

吉調つるしこは、今や多くの料理人の方々から「食材の王国いわて」と認知されている地元・岩手県産の食材にこだわり「安心」「安全」「美味しさ」を常に考えたものづくりをしてまいりました。
その吉調つるしこが、今回自信を持ってご紹介する新製品が『南部つるしこ麺』です。

盛岡冷麺の特徴であります、つるつるしこしこの食感とのどごしはそのままに、地粉「南部小麦」の自然味豊かで上品な香りを活かし、さらに米粉を入れることでプッチンと弾ける新しい食感に仕上げた生麺。
そしてスープは、ヘルシーさを追求した結果、動物性食材を使わず、昆布と椎茸をベースに国産の上質な野菜をたっぷりじっくりと煮込んで旨味成分を引き出した、ふくよかな金色の澄んだスープを作り上げました。
つるしこ麺との最高の組み合わせとなりました。

この『南部つるしこ麺』のどこが「未知数の宝物」なのかと申しますと、牛骨スープにキムチという従来のスタイルにこだわらない、盛岡冷麺の枠を超えた和・洋・中・エスニックとあらゆる調理法に馴染んでいける秘めた可能性を感じているからです。
これまでになかった麺の食感とスープが持つ柔軟な包容力は、ジャンルを問わず、料理をする方の創造力でいか様にも自由な「宝物」になることが出来ると確信しております。
是非、ご自分の食べ方でお召し上がり下さい。
[PR]
by tsurushiko | 2009-10-07 08:50