【いわいずみの秋の恵み・栗拾い】つるしこスタッフ日記

8月30日の台風10号は、岩泉町各地にさまざまな爪痕をのこしました。
『山津波』なんていう人もいるくらい、山と山の谷間から、雪崩のように流れ出した土砂や石もすごいです。
今日も家族や親戚、ボランティアの方々と、あちこちでスコップの音が響きます。


町並みの景観は傷ついたままですが、変わらず朝や夜はやってきて、季節も移ります。
いつの間にか、もうすっかり秋になりました。


そんな中、子どもたちのストレス発散も兼ねて、つかの間の秋を見つけに出かけました。
山での拾いは、まさに宝さがし!
笹の葉、枯れ葉にかくれんぼ。
つやつやの、小さなから大きなまで。
小さなは山で、大きなより味がある♪とも言われています。


変わり果てた町で、ちょっと一息の1日でした。

a0136756_11474070.jpg
a0136756_11483592.jpg
a0136756_11495290.jpg



[PR]